Interview with Jacques Beriau

Jacques Beriau
・Jacques Beriau.Portraits by Andre Beriau

 

当店では2020年からJacques Beriau Custom Surfboards

(旧Sea Love Surfboards)の取り扱いを始めた。

営業を始めてから間もない当店を彼は快く迎えてくれ、

様々な素晴らしいボードやフィンを我々に届けてくれた。

そんな彼とのリレーションシップを記念し、

彼自身の事やサーフボードについてのインタビューをお届けする。

Alternative Mart(以下◆)まずはインタビューへの協力ありがとう。
幸運にも私達や顧客との関係は良好です。
最初のあなたのインタビューが日本に紹介されてから2年が経ち、
その存在を知らない人も多いです。
あなたの自己紹介と今現在に至るまでの経歴を教えて下さい。

Jacques(以下◇)まず私を貴方の店に受け入れてくれてありがとう。これらが私の概略です。

私は海から約100マイル離れた、米国東海岸の州であるマサチューセッツ州中部で育ちました。私達兄弟は1994年頃にスケートボードを始めました。おそらく8歳か9歳でした。 90年代のスケートボードとパンクロックのカウンターカルチャーは、私たちにとって第二の家族のように感じられました。それは今でも私のアイデンティティの一部のように感じられます。冬は寒くて雪が降っていたので、スノーボードは私や私の友人のようなスケートボーダーにとって自然な移行でした。スノーボードへの私達のアプローチは、私達がスケートボードでは出来なかった事をやろうとしていました。スノーボードは私の人生の大きな部分を占め、その年齢の多くの子供達のようにいつかプロになるのはクールだと思いました。

当時は地元のイースタンボーダーと呼ばれるスケートショップで働いていました。それは私達にとってクラブハウスのようなものでした。私たちが「スパイク」と呼んでいた店の友達の一人は、仕事の前にサーフィンをしていました。彼は本当に私が出会った初めてのサーファーでした。

海から遠く離れたところに住んでいて、サーフィンはいつも私には手の届かないところにありました。 休みの日に私達兄弟は時々ビーチエリアに行き、地元のサーフショップに繋がる方法を見つけました。 その店ではどこでスケートが出来るかを知っている友達をいつでも見つけることが出来る事を私達は知ってました。 これらの店を訪れたのはサーフカルチャーに初めて触れたときでした。 18歳くらいになって初めて自分でサーフィンをしました。 その時までに私は、時間がある時はいつでもビーチに自分で運転して行く事が出来ました。 そのしばらくの間私の中でサーフィンとスノーボードが重なり合い、やがてスノーボードの専門的な部分への興味は薄れ始めました。

2006年の春に大学を卒業した後、私達親友のグループは州を越えてカリフォルニア州サンディエゴに引っ越すことに決めました。 私は引っ越し先であるカリフォルニアのサーフィンの歴史を深く研究し、 スティーブ・リズは40年前私がサーフィンをしていたまさにその場所でフィッシュを発明しました。 スキップ・フライ、マイク・ディッフェンダッファー、マイク・ヒンソン、カーク・エクストロムなど数多くのレジェンドがその地域を故郷と呼び、私はできるだけ多くの事に浸りました。

親友の家の裏庭で最初のサーフボードを形作ったのは2008年か2009年でした。 それはリズのフィッシュの粗いレプリカでした。 次に作った数本のボードは、その地域のサーファーとやりあう為に作られたディスプレイスメントハルタイプのエッグボードで、私はそれらのボードの働きぶりにますます満足するようになりました。

私は2010年にニューイングランドに戻り、教師の学位を取得しました。 その間私は一握りのボードをシェイプし、2013年に古い農家の地下で正式にSea LoveSurfboardsを始めました。 それ以来、私が設計、テスト、改良したモデルをいくつか選択して、一般に公開しています。

2020年に私は自分のブランド名をSeaLoveSurfboardsからJacquesBeriau CustomSurfboardsに変更しました。 現在私は8年生(中学二年)の理科の教師です。ロードアイランド州ウェスタリーで、妻と3歳の娘と一緒に住み、サーフボードをハンドシェイプしています。

◆あなたの手掛けたサーフボードやフィンはそれを初めて見た人に対しても魅力的です。

アートや工業デザインを学んだことはありますか?

それを言ってくれてありがとう。アートやデザインを正式に勉強したことはありませんが、常にその世界に興味を持っていました。

私の仕事では、サーフボードを作る為のフォームに記入する前にアウトラインを確認する必要があります。新しいモデルを設計したり既存の形状に大きなサイズ変更を加えたりするときは、最初に必要な寸法のボードを肉屋で使う巨大な紙に描きます。それは作業中に見える場所に置いておきます。アウトラインが波や目的に適しているかどうかを判断する前に、約1週間それを調べます。フィンの輪郭は通常、正しい曲線が見つかるまで店の壁に描かれます。その決定がなされた後、私は図面から合板のテンプレートを作成します。それはすべて手作業で行われます。私は探している曲線を描くのを助けるためにグラスファイバーロッドの柔軟な部分を使用し、時には計算機を使用します。私の目と鉛筆は、デザインプログラムで試した何よりも真実であることがわかりました。ボードやフィンの輪郭を描くのに役立つソフトウェアを使って大成功を収めている人もいますが、 私はいつもその部分を手作業で行うのを楽しんでいます。 

Jacques Beriau

・Make a hardboard template from the drawing.

 

◆ハルに興味を持ったきっかけを教えて下さい。

2006年頃のサーファーズジャーナルの記事で、ディスプレイスメントハルについて最初に学びました。この記事には、象徴的なハルライダーの写真と、彼らが乗ることについての考えが掲載されていました。 このようなフラットテールや小刀のようなセンターフィン、ボトムターンが行われているのを見たことがありませんでした。 私は写真の生々しさと、ライダーがハルの経験を巧みに描写していることに魅了されました。 私が最初に乗った時、グレッグ・リドル・スムージーの薄いピンチレールとデッキの微妙なカーブに感銘を受けました。ディスプレイスメントハルは乗りにくいという評判がありますが、私はスノーボードの経験があるのでかなり早くハルのレールターンに適応するのに成功したと思います。 ボードが水にどのようにつながっているかも気に入りました。 ボード自身が波のどこになりたいかを知っていたので、私はボードをそこに導く必要がありました。

◆ハルが他のサーフボードと機能的に違う部分はありますか?

伝統的なディスプレイスメントハルの最も重要な特徴の1つは、ワイデストポイント、ロッカーの頂点、およびサーフボードの最も厚い部分がすべて同じ場所にあることです。これは、ライダーのエネルギーを1つの領域に集中させるのに役立ち、ボードがフィンではなく、前足からドライブしてレールからターン出来るようにします。 ロールボトムはサーフボードを水中のより深い場所に位置させ、細いレールと組み合わせることでボードの反応は比類のないものになります。ハルではない通常のサーフボードの典型的なボトムデザインは水中でより高く浮いており、水の中ではなく水の上に乗っているコルクの様に感じます。私はできる限り波とのつながりを感じるのが好きで、ハルはこれを可能にします。

フレックスはディスプレイスメントハルの重要な特性でもあります。使用されるストリンガーとガラスクロスは、通常のボードよりもかなり柔軟になるように設計されています。このフレックスはボトムターンからエネルギーを提供するのに役立ち、波の輪郭にも一致します。伝統的なディスプレイスメントハルは、ボラングラスファイバーとポリエステル樹脂で作られた直立した薄くて狭いベースのフィンともペアになっています。フィンのフレックスはライダーが自分の体重と波のエネルギーを使ってターンからパワーを生み出す、荷重とリリースの感覚を生み出します。前方にあるフィンの位置は、サーフボードのエンジンをライダーが立っている場所に近づけるのに役立ちます。これはテールよりも前方にあります。 全体として、ディスプレイスメントハルの形状、厚み、材料、フィン、およびボードの仕上げ方は、波と戦うのではなく波のエネルギーで流れるように設計されています。

Jacques Beriau with his Sling Shot model
・Surfing on a Sling Shot by Justin Laporte.

 

◆現在あなたのブランドでのお勧めのモデルは何ですか?

Fishplacement Hull(FPH)モデルに対して多くのリクエストがあります。 これはサンディエゴスタイルのキールフィンフィッシュで私が愛する部分と、伝統的なディスプレイスメントハルをブレンドするために設計したボードです。 私はこのコンセプトに取り組んだ最初の人ではありません。たとえばShapesandHullsのティム・ボウラーは長年に渡ってハルフィッシュのアイデアに取り組んできました。 私はサーフィンする場所にもよりますが、FPHを6’4” 〜7 ’の長さで乗ります。FPHの形状は主にボトムが丸く、細いレールと柔軟なキールフィンを持つ繊細にシェイプされたフィッシュです。 ティム・ボウラーのフレックスキールに触発されて、フィンの先端からさらにフレックスしてターンの際にスプリングのような効果が追加されるバージョンを設計しました サンライズボードワークスのブラッド・ヒースは、南カリフォルニアでこれらのフィンを手作業で製造しています。 このモデルではディスプレイスメントハルの波への接続性と感度、フィッシュからのグライドとドライブを兼ね備えます。 ほとんどのディスプレイスメントハルとは異なり、このモデルは必要に応じて後足で操作するタイトなカットバックが可能です。

Jacques Beriau Custom Surfboards Fishplacement Hull
・Jacques Beriau Custom Surfboards Fishplacement Hull

 

◆あなたへの注文はカスタムオーダーが占める割合が多いです。
そのやりがいとは?

私は人々のためにカスタムボードを作るのを楽しんでいます。 私のデザインはすべての人に適しているわけではないことを理解しています。私が作成するボードに慣れていない人にとっては、新しいかもしれない微妙な点を説明するために最善を尽くします。 私のお気に入りの部分は完成したボードを顧客に渡し、彼等の最初の反応を神経質な「おっ!」と言う驚きにすることです。 彼らは細い敏感なレールを気に入るはずですし、私がボードを通して必要なボリュームをどのように隠したかは知っていますが、すぐには気づかないかもしれません。 

◆色付きのサーフボードは注文はできますか?

また、新しいサーフボードを発表する予定はありますか?

私は色を使ってグラッシングするのが好きでその完成品が大好きですが、実際に行う事はまれです。 私が提供するハルモデルの場合、ボードに色は利用できません。 私がハルに使用しているガラスクロスは望むように色を保持しないので、現時点では透明なボランクロスがこれらのモデルの唯一のオプションです。

私が提供する7つのモデルは、絶えずレビューと改良が行われており、それらがカバーする範囲に満足しています。 何人かのチームライダーから、ブラックキャットモデルをツインフィンに、FPHをツインザーに改良するように言われましたが、現時点ではまったく新しいアウトラインを提供する予定はありません。 

◆我々が待ち望んでいる、今後の納期が短縮されるかもしれない展望について教えて下さい。

私はフルタイムで8年生の理科の教職であり、私が自分で行うグラッシングはしばしばボードの生産を制限します。 しかし私は今、ロードアイランドに出来た新しいグラスショップと仕事をすることに興奮しています。彼らのグラッシングの支援により、当初の予想よりも短い時間で現在の順番待ちリストを消化し、シェイプする為の時間が増えることを願っています。

◆あなたが住んでいるロードアイランド州ウェスタリーの町と、そこでのサーフシーンについて教えて下さい。 

ロードアイランド州ウェスタリーはマサチューセッツ州ボストンから約2時間、ニューヨーク市から2時間です。 私たちはそこへ訪問するのに十分近くにいるが、リラックスしたままでいるのに十分な距離にいるのが大好きです。 私たちはこの街に一握りの波を持っています、私のお気に入りは最高の日に素早く集中したバレルを提供する分厚いビーチブレイクです その波は私のVinterHullモデルの基礎であり、ヘビーな日のために設計されており、ライダーからの入力がほとんどなく、波のポケットの中で高くしっかりと座ることを目的としています。 私たちのサーフィンのほとんどは寒い時期に行われ、そのような状況でサーフィンをするコミュニティはかなり小さいです。 地元に住んでいるサーファーは良い波を見逃すことのない素晴らしい人々です。

JacquesBeriau CustomSurfboards Vinter Hull
・Jacques Beriau Custom Surfboards Vinter Hull

 

◆現在あなたのサーフボードやフィンを使っていたり、
その完成を待っていたり、これから注文を考えている日本のサーファーにメッセージを下さい。 

私が作ったボードに興味を持ってくれた日本のサーファーに感謝します。 私はあなたのサーフィンコミュニティに参加できることを光栄に思います。 いつか家族と一緒に日本を訪れるのが私の夢です。 皆さんと波を共有できることを願っています。 あなたのビジネスとサーフィンライフに参加するために私を選んでくれたタケヒサに感謝します。 -ジャック 

Jacques Beriau Custom Surfboardsのモデル詳細はこちら。

※当ページの著作権はAlternative MartとJacques Beriauにあり

これに含まれる全ての文章、写真の無断転用を禁止します。

©Alternative Mart&Jacques Beriau