Alternative Martは日本におけるDick Van Straalenの正規代理店です

ボルボ240での初サーフィン

初めての車ではどのようにボードを積んだら良いのか分からない。

ボルボ240は昔からサーファーに人気があるけど

実際の荷室の寸法的なデータを見てから買ったわけではないのだw

という事でまずは荷室の拡張から。

まずこれがボルボ240で後部座席が設置されている基本状態。

後部座席足元の金具を押し込んで

 

前の座席を一番前に移動してから座面を前に倒します。

後部座席のヘッドレストを引き抜いてから

背もたれを前に倒せば広大な荷室が完成 D  E A T H!

ここで初めて寸法を計測できたのだが

縦(リアドアから座面まで)190cm

横(リアドア幅)115cm

高さ(床から荷室天井)75cm

荷室の対角線の長さは220cm

そして荷室からダッシュボードまで

まっすぐボードを入れた場合は280cmまで大丈夫だと分かった。

なので9フィートジャスト位のロングなら

何も工夫をしなくても助手席に人を乗せた状態で中積み出来る!

そんな感じで色々試行錯誤した結果がこれ。

う~ん、もうちょっとシステマティックな積み方にしたいな。

真ん中の長いボードは7'4で、前側には全然余裕がある。

左のショート群は5'7と6'4位。

計算上ではケースの厚みを除けば

6'2までの長さならそのまま真っすぐ入れられる。

 あんまりボードを車内でフリーで遊ばせると

クラッシュの元なので車内にラックか何かを設置したい。

あとはロングボードなどを税関で受けとった際に

どうなるかが問題だ。

もしかしたらルーフキャリアを設置して

屋根に積む事になるかも。

この日はうねりを交わすポイントに移動したが

まあ~、なんというかストレスが溜まりましたねw

という事で倍返しプロジェクトが始まるとか始まらないとか?


この投稿をシェアする