Alternative Martは日本におけるDick Van Straalenの正規代理店です

ルーフキャリア取付

サーフボード屋のブログなのに

車の事について書くのが捗るのが不思議です。

それはさておき240に乗っていると以前より気持ちが落ち着き

ロングでも乗ったろうやないかい?という雰囲気になります。

正味の話では他のボードジャンルに進出したいのです(笑)

ケースに入った短めのロングは240なら中積み出来ます。

しかしサーフボード輸入用の箱というのは

とても馬鹿でかいのです。

幅と厚みがけた違いに広いので三本入りの箱だと

今までの車ではセカンドシートまで倒すのは勿論

運転席助手席のヘッドレストも外します。

そしてシートの端に立てかけながらぎりぎりリアドアを閉め

なんとか収納なんてこともしばしばでした。

四本入りの箱と来たらあのバカでかいサバーバンでも

パンパンになりましたね。

あくる日に注文したルーフキャリアが届きました。

重いです。

梱包済みの重量で26kgあります。

このメーカーと品番にするまで非常~~~に悩みました。

最近はキャンプブームでキャリアを付けてる240も多いですが

どのメーカーのどの品番を付けてるか?という情報は

全く目に入りませんでした。

ここから台風による長雨の為一週間ほど放置。

待ちに待った今日、ようやく天気が回復した為

パーツを部屋に並べて組み立て始めます。

取付位置を事前に計測したり、ステーのセンターを出したりと

細かい部分で時間が取られます。

最初は前の写真の状態でステーにパイプを取り付けれるか

試しましたが、やっぱり無理でした。

仕方が無いので足まで組み付けて固定したステーを外して

パイプを取り付けていくのですが、超固い!

マイナスドライバーで樹脂パーツをこじ開けながら

何とか差し込んでいきます。

補助パイプまで取り付け終えた状態がこれ。

これも入れる順番間違えると後からは絶対に入らないので

ちゃんと説明書に書いてくれという感じです。

ここまでで組み立て開始から5時間経過しています。

そして苦労してルーフ上にキャリアを引き上げ

取付が完了した姿がこちら!

いや~8脚はさすがにゴツイですね。

恐らくこれが240に積載可能な

ルーフキャリアの最大サイズだと思います。

オシャレなのは4脚や6脚の物だとは分かっていましたが

今後ロングやグライダー?が入った箱を積むには

このサイズのキャリアが必要なのです。

だけども通関日に雨が降ったら

しれっとハイエースをレンタルするかもしれません(笑)

明日は久しぶりの入荷日です。


この投稿をシェアする